ブログ 写真教室

かわいいシマリスさんがいたよ!

更新日:

行ってきました小樽天狗山リス園に!

本日は?もう昨日か、かわいいシマリスさんに逢いに行ってきました!そうです、会員様向け第二回撮影会!でも急なスケジュールと小樽現地集合が仇となり、参加者ゼロ〜笑 まぁ先生二人でいい勉強になりましたとさ☆

小樽 天狗山 リス園

©フォトスクール.jp 2016 4KPhoto

天気も良くフォトスクール日和

北海道にしてはちょっと暑い感じの日でしたが、東京と比べれば比較にならない清々しさと、やや高原の感じがする小樽天狗山。まるで軽井沢のようなすごしやすさ。でも天狗山ロープウェイは暑かった〜笑 定員30名で15分間隔くらいなので、結構ぎゅうぎゅうに入れられて蒸し風呂状態...笑 頂上までわずか4分なのでまあ仕方ないよね。。。笑

で、無事に天狗山リス園に到着です〜。ちなみに私、勝手にさぞたくさんシマリスさんがいるであろうと思って行きましたが、なんのなんの、全然いないんですよ〜...現地着はお昼前の11時。ご飯もまだだし北海道にしては暑いから、シマリスさんも巣穴でのんびり休憩中なのかな〜?ってくらいいなくて、4〜5匹くらいしかいなかった。。。

でもね、そこはフォトスクール講師の二人、粘りますぞ。笑

リスさん、出るまで待つ!撮るまで粘る!お腹空いてるけど、撮るぞ!と決め、決意一番頑張りました。笑

というのも、前回フラッと円山公園に行った時、全然撮れなくって撃沈させられてるので、今回は人工のリス園(ずるいぞ!笑)でリベンジです。野生ではないが、人工だろうとかわいいリスさんが撮影できれば良いのです!

で、撮れましたよ、かわいいリスさん☆

あむあむしているリスさん♡

小樽 天狗山 リス園

©フォトスクール.jp 2016 4KPhoto

なにこれうめーっ!Σ(●゚д゚●)

小樽 天狗山 リス園

©フォトスクール.jp 2016 4KPhoto

もっとある〜?

小樽 天狗山 リス園

©フォトスクール.jp 2016 4KPhoto

あるよ〜

小樽 天狗山 リス園

©フォトスクール.jp 2016 4KPhoto

今回は動きの早い動物を何モードで撮る&AFモードは?の練習

さて、皆さんならこんなケースは何モード?ISO感度は?絞りは?シャッタースピードは?AFは?どこから撮ることを予測したらどう構えてる方がいい?光は?影は?ボケ味の距離はそこで十分?そこから背景処理はできそう?じゃあ何ミリで撮る???などなど。。。そんなこんなを、今後も現地にて撮影会を通して「その場で」たくさんお教えします。みなさん練習してますか?ちゃんと練習しなくちゃうまくなりませんよ。笑 やっぱりその場で知るのは座学よりも早く、その場でトライアンドエラーでぐんぐん上達になります。

もちろん、今日から始まっている会員サービスの一つである動画配信の中でもその撮影秘話を惜しみなくお話しします。月額498円(税抜)までどうにか下げれたので、ぜひみなさん騙されてご入会ください笑 今後もどんどんレベルを上げたお話しいたしますよ〜。特に写真教室の先生などは聞くことをお勧めいたします。そして聞いてるのはいつも通り内緒にして、授業で即使ってくださいね。笑

今回の撮影データ

共通項目
色修正なし・リサイズ(680pixel)のみ
カメラ:LEICA D-LUX TYP109
絞り:2.8
シャッタースピード:1/1000
露出補正:0.33
※レンズの焦点距離は都度違います。
※ISO感度は都度違います。

今回は撮影日和のため、撮りっぱなしの無修正を出してみました。笑 やっぱりライカ感出てるな〜...って思います。コンパクトカメラで絞り2.8でこのボケ感は素敵。レンズも交換しないし(出来ない笑)荷物もカメラセット(撮影機材)でコミコミ405g!やっぱり私は小型軽量を重視した機動力とそれによって落とさない(犠牲にしない)画質を一番大事にしています。それがマイスタイルですね☆

細かい撮影秘話は明日の夜の配信で

たぶん明日の夜(2日夜)にはリスさんとの格闘秘話をお話しした動画配信が聞けます。撮影時に「私はいつもこういうところを注意しています」や「ここをこうすると素人でも玄人になる」などなどの話をサクッとわかりやすく解説いたしますのでご期待ください。

会員サービスは初期メンバーは格安になっておりますので、今のうちがお得です。→メンバーになる

-ブログ, 写真教室
-, , ,

Copyright© フォトスクール.jp , 2017 All Rights Reserved.