ブログ

昨日からscratchを勉強し始めました。

投稿日:

プログラミング言語「scratch」とは?

皆さん聞いたことありますか?「scratch(スクラッチ)」。いわゆるコンピューター言語の一つなんですが、これが実におもしろい。主に子供がプログラミングを簡単に学べるように2006年に私の大好きなMITメディアラボ(所長は伊藤さん)が作ったみたいなのですが、私昨日から本格的に遊んでみてます。笑

で、まあこれを勉強したら何かなるのかと言われると、大人の実用品ではないのですが、コンピューターとかには抵抗となくなり親しみが急に湧いてくることは間違いないですね。そういう意味では面白いです。でも最初は蕁麻疹出ちゃうかも笑 まあ知ってるからといってお客さんが増えるとか写真が上手くなるとかはないです。笑

子供にはすごくいい勉強になると思う

でも多分、小さい時にこーゆー理論的なことで進めていくことを覚えるのは、将来大人になった時に大きな武器になるかと思います。たかが子供向けのプログラミング、だけども、されど知っているか知っていないかではとんでもない差になるかもね。今後はこう言うのが当たり前になるのでしょうか。。。なるだろうね。笑

いつも思うがボトルネックは先生の質

写真教室もそうだし、撮影を現場で教えることもそうだし、いつでも大事なのは教育側の質と経験値の多さ。場数とも言えるかな。例えばこう言うプログラミング一つとっても、子供が勉強する前に必ず大人が一通り勉強して、できるだけ身につけることって重要だと思う。どんなことでも最低限は知ってないと話の土俵に上がれないもんね。

こちらの力が低いことによって、つまり自分がわからないから実はよく教えられないことによって、未来の頭脳の進化を止めてはならないわけで、教育者ほど常に最先端の勉強ができる環境に身をどれだけおけるかが勝負の鍵であることは間違いないと思う。

写真なんかでも自分の未熟さを無視してお客様を撮影する(お金をいただいて)なんてもってのほかである。未熟なら未熟ですと言って、むしろお金を払って昔は撮影させてもらい必死に勉強したものである。まあ今時はそこまでしなくていいのかもしれないが、それ相応の修行を積むのは今も昔も変わり無い。

先日、「写真はうまくはないけど愛情を持って撮影します」と言ってお客様に納得して?させて?料金を貰っていたアホがいたが、あれは我々のような職業として真剣に取組んでいる写真家やカメラマンに対して喧嘩を売っているのか?つまり我々はクライアントに愛情なんてなくお金のためだけに撮影しているとでも言いたいのかな?多分その方ももっとちゃんと写真のクオリティで戦える土俵に上がれば、お客様のことを一つ一つ、一人ひとり真剣に愛情持って取組んでいくとこが必要かつ一番大事で、そんなの当たり前の当たり前で、そこに絶対の自信を持てるように日々努力をしているから、初めてスタートラインに立たせてもらえてるのではないでしょうか?

昨今の政治家のような質になってきているようじゃダメでしょう。しっかり勉強して経験を積んでからステージに上がらないと傷つくのはあなたを信頼したその人(お客様)なのです。

少なからず、私はそういう気持ちと覚悟で一つ一つ仕事に取り組んでいるので、そんなていたらくなもどきに技術面だけかなわないけどね的な面をされると次は間違いなくグーで殴って潔く捕まってみようと思う。写真家やカメラマンさんたち写真界とお客様を舐めんなよ。

趣味の範囲は大歓迎してます笑

そうはいっても、ちゃんと職業カメラマン=プロフェッショナルになりたい方は当写真教室でも大手のところでも大歓迎してますよ。笑 もちろん大前提はしっかり学ぶ姿勢があること。お金があるとかないとかじゃない。もちろん大学とかだとお金かかっちゃうけど、スタジオ勤務しながらプロを目指すことだってできる。もちろん札幌だってそれは可能です。

先ほど言ったプログラミングもそうだけど、要は本人のやる気でしょう。人生一度くらい誰にも負けないくらい勉強してみればいいんだよね。今まで違うところで死ぬほど勉強したことがあるなら、次はそれを超えることができるよ。だって死ななかったんでしょ?笑

写真は趣味で始めて、少しカメラの使い方がわかってきたら色々理屈もわかってくるので、写真の表現を考えながら撮影すると楽しい。あんまりうまく撮ろうとかじゃなくって、勢いは大事かな〜笑。

最近は勢いで撮ってる人に合わないな〜。妙に収まりの良い、つまり面白い写真を撮る人がいないのね。あれなんでなんだろうね。破天荒な人はカメラ渡すと面白いの撮る。その代わりカメラ壊したりするけど、それが面白い☆ 撮影時に壊しちゃうのは良いよ。だって夢中なんだもん笑

私も日々精進です!

まあ、私の勉強にかける時間は多分同年代の方でしたら比べ物にならないと思います。それを実現するために20年以上費やしてきたんだからね笑 でもカメラのなんだっけ、フォトマスター検定は未だにわからん笑 でも忘れている(今は使わないこと)ことも多くて、勉強すると当時を思い出してなんか楽しい。でもこれ今のデジタルカメラしか使ってない人は出来ない(いらないでしょう)でしょう...と思うけどね笑

当フォトスクールではあんまりお勧めしません。フォトマスター検定。受けたい人は受ければいいけどね。写真は理論じゃね〜んだよ。感情や情熱や嬉しさ悲しさなんかの気持ちなんだよ。その気持ちに現場でやシャッターを切る一瞬がゆさぶれないように目をつぶってでもできる確固たる技術力ありきなんだよね。

9月の写真教室の初級編は後1人か2人くらい入れそうだからご興味ある方はぜひぜひ。申し込みは横のバナーかスマホだと下にあるかな。どこかにあるよ笑

↓マグナムフォト、すごい集団です。

↓世界を見よう!雑誌LIFE社の映画。いい映画。

-ブログ
-, , ,

Copyright© フォトスクール.jp , 2017 All Rights Reserved.