ブログ

NDフィルターの凄さとは?

更新日:

みんな撮りたい糸引く滝と水辺

iPhoneSEで北海道大学糸引く滝と水辺

©フォトスクール.jp 2016 iPhoneSE


先日の撮影会の時にiPhoneSEで撮影。超絶スローシャッターで、一眼カメラやミラーレスでは出来ない技法がスマホは得意。通常はNDフィルター(発色には影響がない光だけを減らしてくれる)というレンズの前につけるガラスフィルターが必要。こちらも参照してください→~スローシャッターで幻想的な写真に!~

今回はND128に相当する減光をし、シャッタースピードを30秒という日常撮影と比べたら超スローシャッターでゆっくり撮影。でも映像を見てもらう通りもちろん炎天下の元です。笑

スマホは物理的なフィルター要らず?!

そうなんです、昨今のスマートフォンはアプリのおかげでたくさんのフィルター(ガラスで重い 笑)を、レンズのサイズの違いで何セットも持って行かなくってもよくなりました。昔はまじ大変だったけど今は楽。私はそういう恩恵大歓迎です。軽いは正義!

もちろん何でもかんでもクオリティを保とうとしたら、スマホでもしっかりちゃんと撮るべきですし、ちゃんと使うととんでもない実力が今の各社スマートフォンにはあります。ですが私はそんな性能なんて気にせずに、撮りたいように撮りますよ〜笑

もしフィルターを買うとしたら?

どんなフィルターでもそうですが、同じ謳い文句でも安いのもあれば高いものもあります。せっかくいいレンズを着けているのに、やっすいどこのメーカーかわからないフィルターを着けている方が結構多いのも事実。でもフィルターもレンズと同じで一番映像に影響を及ぼすところの一つ。無難にいいものを選びましょう。笑

35mm版フルサイズデジタルカメラじゃない限りは、比較的フィルターの直径も小さくて済むので、意外と調べてみると安いかもしれません。フィルターは直径が大きくなると急に高くなりますからね。

ちなみに個人的にオススメは「ケンコー・トキナー」か「マルミ」かな〜。まあ無難ちゃ〜無難ですが、私は好き。でもいいレンズが一本買えちゃうよ〜笑

-ブログ
-, ,

Copyright© フォトスクール.jp , 2017 All Rights Reserved.